覇王織田信長は『城』を”出世魚”のように進化させた!ホント?

戦国の覇王織田信長の生誕地が分かります。 織田信長の6つ居城とその城にこめられた想いを明らかにします。 織田信長は、戦国の大事件『桶狭間の戦い』へは、どこの城から出撃したのかわかります。 織田信長の果たせなかった最後の居城がどこなのか明らかにします。 織田信長は、6つの居城の最後に、なぜ政治の中心京都からも少し遠い”安土の地”に居城を作った?

続きを読む

織田信長は愛刀”実休光忠”と”薬研藤四郎”と共に燃えた?

『大うつけ者』で知られる戦国の覇王織田信長、真実の姿はこんな武将でした! 織田信長受難の『本能寺の変』で最後までお供したのは、この愛刀でした! 戦国の合戦で日本刀の役割は何だったのでしょうか? 戦略家・政治家の面が強調される武将織田信長、武人としてはどうだったの? 織田信長を一躍戦国時代の寵児に押し上げた永禄3年(1560年)の『桶狭間の戦い』が信長の戦い方

続きを読む

織田信長の『家紋』は『五つ木瓜紋』だけじゃなかった!ホント?

織田信長が使っていた『家紋』は映画・ドラマで有名な『木瓜紋』だけじゃありませんでした。 『銭紋』は『六文銭紋』で有名な真田幸村だけじゃなく、合戦では織田信長も『永楽銭紋』を使っていました。 織田家の家紋は、本当は『木瓜(もっこう)紋』に似ている『瓜(窠ーか)紋』のようです。 織田信長の家紋はどんなもの? 全部で7種類あるようですが、最初の頃は、織田信長は『木

続きを読む

明智光秀が『本能寺の変』で織田信長を暗殺したって話!ホント?

日本史上最大の謎『本能寺の変』の下手人は明智光秀ではないと言う説を紹介します。 『本能寺の変』実行犯は、明智家家老斎藤利三であることを明白にいたします。 『本能寺の変』謎の実行部隊が消えていたことを紹介します。 織田信長の伝記とも言える『信長公記』が、江戸時代では”禁書”になっていた事実を明らかにします。 明智光秀にはアリバイがあった? この時

続きを読む

もし織田信長に『本能寺の変』がなかったら、その後はどうなった?

もし『本能寺の変』がなかったら、織田信長は天下統一出来たのかを考察します。 『本能寺の変』を奇禍として、天下を掌握した豊臣秀吉はどうなるのか?その後豊臣家から政権を奪取した徳川家康はどうなのか?を推測します。 天下を取った織田信長は、『鎖国政策』を取ったかどうか考えてみます。 織田信長は天下を取れていたの? 天正8年(1580年)3月5日に『本願寺』との”勅

続きを読む

戦国の覇者織田信長は『家臣』を信用していなかった!ホント?

戦国の覇者織田信長が、天下統一目前で最も信頼していた家臣である明智光秀の軍に謀殺された『本能寺の変』を読み解きます。 覇王信長の最強軍団『7方面軍』の大将たちとは何者なのでしょうか? 戦国の奇跡と言われる、信長と家康の20年にわたる同盟関係が維持出来た本当の理由を明らかにします。 信長が畿内に所領を与え、一番信頼していた家臣であった明智光秀が、なぜ裏切ったのか? 天正10年

続きを読む

大うつけの織田信長が、なぜ出来の良い『弟』の上に立ったのか?

戦国の豪雄 織田信秀がなぜ”大うつけ者”と評判の織田信長に織田家を相続させたかを明らかにします。 実母と折り合いが悪く、弟には謀叛を起こされる最悪の”信長像”の真相を探ります。 信長の12人兄弟は、信長とどうかかわって行ったのかを追跡します。 父親の織田信秀(おだ のぶひで)はなぜ”大うつけ”と評判の信長(のぶなが)を跡継ぎにしたのか? 戦国の天才・中世を終

続きを読む

江戸開城後、西郷隆盛は会津の為に『戊辰戦争』継続!ホント?

すべてに寛容なイメージの大人物西郷隆盛が、なぜ『戊辰戦争』では会津を救わなかったのかの理由を明確にします。 『尊皇(そんのう)』と言いながら、なぜ孝明天皇に尽くしていた『会津藩』が”朝敵”となったかを考えます。 奥羽鎮撫総督府の下参謀世良修蔵(せら しゅうぞう)はなぜ殺されたのかを明らかにします。 官軍は、なぜ会津藩と戦闘を行うのが既定方針だったの? 『戊辰

続きを読む

西郷隆盛が、なぜか寛大だった戊辰戦争『庄内藩処分』の謎?

幕命とは言え、『江戸薩摩藩邸焼き打ち』を実行した荘内(庄内)藩に対して、征討軍総司令官である西郷隆盛の処置はなぜ寛大だったのかがわかります。 新政府初代兵部大輔(国防大臣)であった長州の大村益次郎は、なぜ暗殺されたのかを明らかにします。 なぜ、東北の荘内(庄内)酒田に西郷隆盛を顕彰する『南洲神社』がなぜあるのかがわかります。 荘内藩は、幕末に『江戸薩摩藩邸焼討

続きを読む

西郷隆盛が倒幕へ方針転換し『戊辰戦争』を起こしたのは、ナゼ?

将軍家に正室”篤姫(天璋院)”まで出して政権を支えようとした薩摩藩が、徳川幕府の『討幕』の主人公になって行く理由を明らかにします。 西郷が『戊辰戦争』につながる『討幕』を決意した”時期と理由”が明白になります。 『坂本龍馬暗殺、西郷隆盛早とちり説』と言う『坂本龍馬暗殺』の異説の可能性を提示します。 薩摩の藩論はもともと『公武合体論』で、『武力討幕』ではなかった

続きを読む