細川幽齋は『関ケ原の戦』で、徳川家康勝利に貢献した!ホント?

・徳川家康が勝利した『関ケ原の戦い』で、最初に石田三成が細川幽齋を狙い撃ちした理由が判明します。 ・西軍に攻められた丹後田邊城で52日間籠城した細川幽齋は、後陽成天皇の勅命で救われた!ホント? ・豊臣秀吉恩顧の大名である細川幽齋は、なぜ徳川家康に乗り換えたの? ・徳川家康と細川幽齋がいつ懇意になったの? なぜ細川幽齋は、石田三成の西軍から攻められることになったの

続きを読む

徳川家康勝利の『関ケ原の戦い』、黒田如水も参加した!ホント?

・豊臣秀吉の軍師だった黒田如水が『関ケ原の戦い』の時、何をしていたかが分かります。 ・豊臣秀吉は、黒田如水は恐ろしい男だと思っていました。 ・黒田如水にも『天下取り』のチャンスはありました。 ・黒田如水には、豊臣秀吉の死後に徳川家康と石田三成が衝突することは分かっていた!ホント? 『関ケ原の戦い』の時、あの黒田如水(官兵衛)は何をしていたか? 慶長5年(1600年

続きを読む

石田三成は、巨人徳川家康になぜ『関ケ原の戦い』を挑んだの?

・石田三成が、なぜ『関ケ原の戦い』で徳川家康に挑んだのか分かります。 ・石田三成にも、「豊臣秀吉の遺命違反」があった事が分かります。 ・淀君は『関ケ原の戦い』に関係なかった!ホント? ・『関ケ原の戦い』の敗戦後、石田三成はどうなったの? 石田三成は徳川家康を相手に挙兵し、なぜ勝利する可能性が低い戦いを挑んだの? 「奉行」と言うのは、何か特定の役割の幹事役を務め

続きを読む

徳川家康が勝った『関ケ原の戦い』、毛利輝元は何をしていたの?

・通説とは違い、毛利輝元は積極的に西軍大将となったことがわかります。 ・毛利輝元が三成等奉行衆に近づいた理由がわかります。 ・通説とは違い、毛利輝元は家康との対立を利用して、領地拡大を目指した事がわかります。 ・吉川広家が、東軍黒田長政の調略に応じていた事は、近衛前久の書状で明らかのようです。 西国の太守毛利輝元は、毛利家の外交僧安国寺恵瓊にだまされて石田三成と組ん

続きを読む

1603年江戸に幕府を開いた徳川家康の出身地、本当はどこなの?

・徳川家康の公式の出身地の確認が出来ます。 ・徳川家康はなぜ幕府を江戸で開いたのかが分かります。 ・徳川家康が姓名を「松平」から「徳川」に変更した理由が分かります。 ・家康生誕地の「異説」が分かります。 徳川家康の出身地はどこなの? 公式には、、、19世紀に編纂された江戸幕府の公式史書『御實紀(ごじっき)』では、、、 清康君 後の北方(華陽院殿御事な

続きを読む

驚愕!あの大御所徳川家康が、戦場で大を「もらした」!ホント?

・『家康が大便をもらした』の話の出所が分かります。 ・その場面となった『三方ヶ原の戦い』の概略が分かります。 ・有名な『しかみ像』とは何か!が分かります。 ・戦闘心理学の専門家から、戦場での真相が語られます。 「徳川家康が戦場で、恐怖のあまり大便をもらした」と言うこの話は、ホントなの? この話は、実に有名で戦国史のお好きな方は一度くらいは聞いたことのある逸話なので

続きを読む

独立した徳川家康、『一向一揆』に攻められる!原因はなに?

・徳川家康の歴史で、有名な『三河一向一揆』の発生した理由が分かります。 ・徳川家康の家臣団に「本願寺門徒武士」が多い決定的な理由が分かります。 ・家康と信長の同盟は『三河一向一揆』の発生とは関係ありませんでした。 ・徳川家康の大規模な『三河一向一揆』の終息の仕方が分かります。 『桶狭間の戦い』後、今川家から独立した徳川家康が遭遇した『一向一揆』とはどんなものだっ

続きを読む

『桶狭間の戦い』で、織田信長はどんな『戦い方』をしたの?

・織田信長の『戦い方』の諸説が分かります。 ・信長に攻められた義元がなぜ逃げれなかったのか分かります。 ・今川義元の永禄3年の進軍経路が分かります。 ・織田軍の論功行賞がどうなったか分かります。 『桶狭間の戦い』の織田信長の戦い方の諸説にはどんなものがあるの? 永禄3年(1560年)5月19日、尾張と三河の国境にある『桶狭間』での戦いで、織田信長に敗北した今川

続きを読む

『桶狭間の戦い』で、織田信長は今川義元になぜ勝てたの?

・織田信長の『桶狭間の戦いの勝利』は、偶然だったの? ・実は、実際の場面で両軍の兵力差があまりなかった! ・ラッキー!信じられない事に今川軍は、『乱取り(略奪行為)』に夢中になっていたかも。 ・これもラッキー!今川家の大軍師『雪斎』が死没していた! ・信長は作戦を重臣には洩らさなかった! 実際には今川軍と織田軍の兵力差はほとんどなかった!ホント? この件に関

続きを読む

『桶狭間の戦い』での今川義元の敗因はなんなの?

織田信長が当時世間からどう思われていたのか分かります。 今川義元は頼っていた軍師を失っていました。 織田信長の軍勢は思ったより多かったようです。 『桶狭間の戦い』には仕掛け人がいました。 敗因その1ー若造で『大うつけ(ただのバカ)』と評判の高い信長をなめてかかった~? 永禄3年(1560年)当時、武将として脂の乗り切った42歳の今川義元(いまがわ よしもと)です。

続きを読む