織田信長を歴史の舞台に上げたのはキリスト教徒だった!ホント?

スポンサーリンク



戦国の覇王織田信長が、いつからキリシタンとつながりを持つようになったのか意外なことがわかります。

 

尾張の田舎侍の子倅だった織田信長が、いつから『天下人』になろうと思ったのかがわかります。

 

織田信長ばかりではなく、戦国時代の人はキリスト教に寛容だった。

 

武将織田信長の成功は、『桶狭間の戦』で今川軍を壊滅させたことで、室町将軍の信頼を得たことから始まった!

「織田信長を歴史の舞台に上げたのはキリスト教徒だった!ホント?」の続きを読む…

”武人政治家”織田信長は最初から天下を狙っていた!ホント?

織田信長は速攻の人でした。

織田信長は『桶狭間の戦』で今川義元を破ったころには、『天下の儀』を考えていました。

織田信長の”永禄2年の上洛”と”永禄11年の上洛”は、ともに将軍と天皇の両方から『上洛命令』を受けていました。

織田信長の経済政策は、”農政”よりは”重商主義”でした。

「”武人政治家”織田信長は最初から天下を狙っていた!ホント?」の続きを読む…

織田信長の『茶の湯』は”名物狩り”と”茶の湯政道”だけなの?

戦国の覇王織田信長と『茶の湯』の関わりが分かります。

 

織田信長の『名物あさり』・『茶道具狂い』の実態が分かります。

 

織田信長が発展させた『茶の湯』が、信長を滅ぼしたのかも?

 

徳川家康も豊臣秀吉に劣らず『茶の湯』が好きでした?

「織田信長の『茶の湯』は”名物狩り”と”茶の湯政道”だけなの?」の続きを読む…