石田三成『七将襲撃事件』とはどんな事件?黒幕は一体誰なの?

スポンサーリンク



豊臣秀吉死去の翌年慶長4年(1599年)3月3日、盟友前田利家も亡くなり、利家の抑えがなくなったことを受けて、予て蔚山城(ウルサンじょう)の攻防の戦況報告を巡る確執で三成を恨んでいた七将が暴発し、三成襲撃を実行します。
事前に大坂城の秀頼側近から七将襲撃の通報を受けていた三成は翌日3月4日に伏見城内の自分の屋敷へ逃げ込み、その仲裁に入った徳川家康によって三成の失脚が決まって領国の佐和山城へ戻って蟄居することなり、これ以降、家康が豊臣政権の筆頭大老として事実上政権を握った、”歴史的大事件”でした。

この事件の顛末から、徳川家康の天下取り戦略を明らかにして行きます。

「石田三成『七将襲撃事件』とはどんな事件?黒幕は一体誰なの?」の続きを読む…

『豊臣秀次事件』決定版!秀吉が秀次を切腹させた理由は何か?

小田原攻め”で強敵北条氏が滅亡し、豊臣秀吉の天下統一が成し遂げられた後に、不可解な事件が2件発生しています。
ひとつは”千利休切腹事件”で、もうひとつが後継者にと自分で指名した甥の秀次を切腹させた上に、その係累縁者子女ことごとく京都三条河原で公開処刑してしまった残虐な事件『秀次事件』です。
二回に及ぶ朝鮮出兵の狭間の時期に発生したこの『秀次事件』は、秀吉没後から始まった豊臣家滅亡ストーリーの序章となりました。

天下人豊臣秀吉が、なぜこのような行為に及んだのかを徹底的に解明します。

「『豊臣秀次事件』決定版!秀吉が秀次を切腹させた理由は何か?」の続きを読む…

天下人の豊臣秀吉は、なぜ千利休を切腹させたのか?その理由は?

信長が重用した千利休を本能寺後に召し出して、自らの”茶頭(茶坊主)”に据えた秀吉は、9年後に自ら利休に切腹を命じることとなります。大番頭の異父弟秀長を失って、更に続けて名参謀を殺すと言う自殺行為をなぜ犯すのか、その真相を明らかにして行きます。

「天下人の豊臣秀吉は、なぜ千利休を切腹させたのか?その理由は?」の続きを読む…

関ケ原の戦いで裏切り者と言われる小早川秀秋!本当はどうなの?

関ケ原の戦いを東軍勝利に導く決定的な寝がえり(裏切り)をやってのけた小早川秀秋の実像に迫り、寝返りの真相・その理由とその後の秀秋のことなどすっきりわかるように解説いたします。

「関ケ原の戦いで裏切り者と言われる小早川秀秋!本当はどうなの?」の続きを読む…

毛利家の外交僧安国寺恵瓊はなぜ関ケ原敗戦で斬首されたか?

戦国大名毛利家の一外交僧であった安国寺恵瓊が、その類まれな能力で豊臣秀吉の
側近としてのし上がって行きながら、なぜ関ケ原の戦いで負けて、
京都六条河原の露と消えたのかをとことん解説します。

「毛利家の外交僧安国寺恵瓊はなぜ関ケ原敗戦で斬首されたか?」の続きを読む…

豊臣秀吉は長久手の戦いで家康に負けた?秀吉はなぜ天下が取れた?

本能寺の変”の後の混乱を収めて、天下取りへ動き始めた
秀吉に立ちはだかる大きな壁は徳川家康でした。

その家康との直接決戦である『小牧長久手の戦い』に負けて
しまった秀吉が、その後なぜ”天下取り”となることが
出来たのかをトコトン解説いたします。

「豊臣秀吉は長久手の戦いで家康に負けた?秀吉はなぜ天下が取れた?」の続きを読む…

豊臣秀吉の五大老五奉行制とは何か?豊臣家の行く末は?

豊臣秀吉は後継者の秀頼が成人するまでの間、有力大名の謀反を
抑えるようにパワーバランスを取った政治制度を考えた
のですが、果たしてその効果はどうだったのか
徹底的に検証します。

「豊臣秀吉の五大老五奉行制とは何か?豊臣家の行く末は?」の続きを読む…

『本能寺の変』真犯人はだれ?明智光秀は冤罪(えんざい)か!

 

明智光秀はなぜ覇王織田信長を暗殺したのか?
このナゾをすべて解き明かしていきます。

後の権力者によって作られた歴史のベールが
剥ぎ取られ、刷り込まれた思い込みが消えた時、
あなたの目の前に真実が姿を現します。

「『本能寺の変』真犯人はだれ?明智光秀は冤罪(えんざい)か!」の続きを読む…