新撰組近藤勇は倒幕派志士と見られる坂本龍馬を暗殺した!本当?

近藤勇は坂本龍馬暗殺の罪で斬首された? 近藤勇と坂本龍馬の黒幕は誰だったの? 坂本龍馬暗殺の真犯人は? 驚くほど生没年が近い二人、近藤勇と坂本龍馬は江戸で名の売れた剣豪だった? ふたりは同僚になっていたかもしれないって、本当? 幕末の著名人近藤勇と坂本龍馬のこれらの不思議をすべて明らかにして行きます。 新撰組近藤勇と坂本龍馬は以前から知り合いだったのか?

続きを読む

幕末京都の風雲児、新撰組局長近藤勇、武州流山で捕縛!なぜ?

幕末京都で大活躍した新選組局長近藤勇!武州流山で捕縛される! 即座に連行されて、なんと江戸郊外板橋の地で”斬首”されて最期を迎えることになります! いったい、武州流山で何があったのか?土方はどうしたのか?近藤が引き連れていた隊士はなぜ助かったのか? 流山で、近藤勇の身の上に降りかかった出来事の一部始終を見て行くことにしましょう! 近藤勇はなぜ流山で幕府軍に捕縛されたのか

続きを読む

幕末の池田屋に切り込んだ新撰組沖田総司は血を吐いて倒れた?

沖田総司(おきた そうじ)は幕末に京都の町を席巻して回った”新撰組”の一番隊組長でした。 新撰組局長”近藤勇”を敬愛して共に戦うことに喜びを感じながら、”試誠館道場”で一番の剛腕を発揮して暴れまわります。 日本史で有名な、新撰組の名を上げた『池田屋事件』での沖田総司の真相を明らかにして行きます。 新撰組(しんせんぐみ)沖田総司(おきた そうじ)とは? 沖田総司は天保13

続きを読む

幕末の大老井伊直弼、桜田門外にて凶刃に散る!犯人はだれ?

日本史の大きな転換点と言われる幕末の大事件『桜田門外の変』に関して、標的となった幕府大老井伊直弼(いい なおすけ)はどうなったのか?そしてこの事件は幕末の歴史をどう動かして行ったのかを明らかにします。 『桜田門外の変』とは? まず簡単に100文字説明をいたしますと: 『安政7年(1860年)3月3日朝9時過ぎ頃、未明よりの雪をついて登城中の彦根藩の行列を、尊王攘夷派の水戸脱藩浪士ら1

続きを読む

大老井伊直弼は『安政の大獄』で『開国派』を粛清した?なぜ?

幕末日本で開国を求める運動に身を投じている有為の若者に対して、”投獄・拷問・処刑”の弾圧(安政の大獄)を実行し、一部で歴史的巨魁(きょかい)とされている井伊直弼(いい なおすけ)の真相を明らかにして行きます。 安政の大獄って何なの? 簡単に”100文字説明”いたします: 『安政5年(1858年)5月末から始まった、14代将軍の後継争いに端を発した大老井伊直弼による慶喜派と水戸一派

続きを読む

大老井伊直弼は本当に独断で開国を進めた?なぜ暗殺されたの?

『開国政策』を進めていた幕府の大老井伊直弼がなぜ開国派の志士たちを弾圧したのか? またなぜ水戸藩の脱藩浪士隊に暗殺されたのか? それらについてすべて明らかにして行きます。 なぜ開国したのか?開国は誰の判断なのか? 井伊直弼が大老に就任したのは安政5年(1858年)4月23日で、問題の『日米修好通商条約』を結んだのは就任約2か月後の6月19日です。 井伊直弼の最初のお仕事は就任直後

続きを読む

真説!井伊直弼と吉田松陰のどちらが江戸時代を終わらせた?

『明治維新』は封建体制を打ち破り、近代日本を形作った画期的な出来事として私たちは学校で教わりました。 本当のところ、あの250余年も続いた徳川幕藩体制が、なぜ西国4藩の力で倒幕がなって行ったのか、『明治維新』は理解しにくいところが多い出来事です。 学校ではその”なぜか?”には答えてもらっていません。 等々盛りだくさんの問題がありますが、先ずここでは”幕府代表の大老井伊

続きを読む

戦国の女城主・井伊直虎は、幕末の大老・井伊直弼の先祖なの?

日本史上有名な幕末の大老井伊直弼(いい なおすけ)は、戦国の女城主井伊直虎(いい なおとら)の子孫となります。 直虎が頼った徳川家康は、直虎が連れて来た虎松(直政)をなぜ気にかけ、その上重用して行くのかその理由も明らかにします。 ここで家康の保護を得た井伊家から250年後の幕末に大老井伊直弼が登場することになるわけですから歴史の面白さが凝縮したような話です。 井伊直弼は見方を変え

続きを読む

”女”の身で、戦国の国人領主(地頭)を張った井伊直虎とは?

戦国時代に一族を背負って当主となり、戦いの時代を必死に生き抜いた”井伊直虎(いい なおとら)”と言う男の名前を名乗った女性がいました。 彼女が守り通した井伊家は、その後徳川時代を通して江戸幕府の重鎮で有り続け、幕末までに当主が6人も大老職をこなすなど、子孫が国を背負って先祖直虎の”やり手政治家のDNA”がホンモノであったことを証明しました。 その歴史に埋もれていた直虎の置かれた”立場”

続きを読む

女城主・井伊直虎!徳川家康へ井伊の子”虎松”を託す!

幕末の幕府大老”井伊直弼(いい なおすけ)を出した徳川家の重臣井伊家の成り立ちがすべて分かります。 平安後期から続く遠江国井伊谷(いいのや)の名族井伊家は、常に崖っぷちに追い込まれながらも、しぶとくたくましく生き残って行きます。 武田・徳川・今川の戦国列強の狭間で、もう滅亡寸前の時期に政権のバトンを渡され、長じて”徳川四天王”のひとりとなった『井伊直政(虎松)』

続きを読む