戦国の奇跡!徳川家康と織田信長の同盟 なぜ20年も続いた?

スポンサーリンク



織田信長の時代、戦国武将たちから律義者と言われた徳川家康

戦乱の時代になぜ!二人の同盟関係は20年以上も続いたのかを明らかにします。

そして、歴史的大事件『本能寺の変』では、本当に家康は巻き添えを食っただけなのか、或は関係していたのかを読み解きます。

「戦国の奇跡!徳川家康と織田信長の同盟 なぜ20年も続いた?」の続きを読む…

戦国の女城主・井伊直虎は、幕末の大老・井伊直弼の先祖なの?

日本史上有名な幕末の大老井伊直弼(いい なおすけ)は、戦国の女城主井伊直虎(いい なおとら)の子孫となります。

 

直虎が頼った徳川家康は、直虎が連れて来た虎松(直政)をなぜ気にかけ、その上重用して行くのかその理由も明らかにします。
ここで家康の保護を得た井伊家から250年後の幕末に大老井伊直弼が登場することになるわけですから歴史の面白さが凝縮したような話です。
井伊直弼は見方を変えれば、日本の近代化のきっかけとなったとも言えますので、まるで『バタフライ効果』のようですが、ここでの家康の決断は日本の近代化に貢献した可能性があるのです。

 

付録として、『井伊直虎』・『井伊直弼』の100字説明を入れておきました。何かの参考になれば幸いです。

「戦国の女城主・井伊直虎は、幕末の大老・井伊直弼の先祖なの?」の続きを読む…

”女”の身で、戦国の国人領主(地頭)を張った井伊直虎とは?

戦国時代に一族を背負って当主となり、戦いの時代を必死に生き抜いた”井伊直虎(いい なおとら)”と言う男の名前を名乗った女性がいました。

彼女が守り通した井伊家は、その後徳川時代を通して江戸幕府の重鎮で有り続け、幕末までに当主が6人も大老職をこなすなど、子孫が国を背負って先祖直虎の”やり手政治家のDNA”がホンモノであったことを証明しました。

その歴史に埋もれていた直虎の置かれた”立場”、”人となり”を余すことなくご説明いたします。

「”女”の身で、戦国の国人領主(地頭)を張った井伊直虎とは?」の続きを読む…

女城主・井伊直虎!徳川家康へ井伊の子”虎松”を託す!

幕末の幕府大老”井伊直弼(いい なおすけ)を出した徳川家の重臣井伊家の成り立ちがすべて分かります。

 

平安後期から続く遠江国井伊谷(いいのや)の名族井伊家は、常に崖っぷちに追い込まれながらも、しぶとくたくましく生き残って行きます。

 

 

武田・徳川・今川の戦国列強の狭間で、もう滅亡寸前の時期に政権のバトンを渡され、長じて”徳川四天王”のひとりとなった『井伊直政(虎松)』を育て上げて井伊家を存亡の危機から救った”井伊直虎”と言うパワフルな女性の物語です。

「女城主・井伊直虎!徳川家康へ井伊の子”虎松”を託す!」の続きを読む…

『山崎の戦い』の覚え方(語呂合わせ)はこれで決まり!

豊臣秀吉が天下取りのきっかけをつかんだ乾坤一擲の大勝負『中国大返し』の目的となった戦いです。

この『山崎(天王山)の戦い』に勝利した秀吉は、覇王織田信長の後継として名乗りをあげ、日本最強の織田軍団の筆頭として躍り出ることに成功します。
ここに日本史上重要な戦いの覚え方(語呂合わせ)を作ってみました。
併せて100字説明も付けましたので、歴史勉強はこれでバッチリです。

「『山崎の戦い』の覚え方(語呂合わせ)はこれで決まり!」の続きを読む…

豊臣秀吉の『中国大返し』の覚え方(語呂合わせ)はこれだ!

豊臣秀吉の”天下取りの大勝負”『中国大返し』の覚え方(語呂合わせ)を作ってみました。
この成功により豊臣秀吉は、天下を揺さぶった大事件『本能寺の変』に、いち早く反応した織田家の最初の武将となり、政権奪取のきっかけを得ました。
奇跡のような機敏な行動に、様々な疑惑で出ており、異論百出の歴史的事件のひとつとなりました。
付録で、”中国大返し”の『100文字説明』をつけておきました。
お役に立てば幸いです。

「豊臣秀吉の『中国大返し』の覚え方(語呂合わせ)はこれだ!」の続きを読む…

『本能寺の変』の覚え方(語呂合わせ)は、これで決まり!

歴史授業で必ず出て来る戦国末期の3大天下人、織田信長豊臣秀吉徳川家康
全員顔をそろえるこの事件、『本能寺の変』の覚え方と意義を手短にご説明します
付録に100文字・200文字の『本能寺の変』の簡単なまとめを入れました

「『本能寺の変』の覚え方(語呂合わせ)は、これで決まり!」の続きを読む…

『関ケ原の戦い』の覚え方(語呂合わせ)の決定版はこれだ!

日本史の授業に必ず出て来る『関ケ原の戦い』ですが、知ってるようでよく分かりません。その原因は東軍と西軍が誰だったのかを良く覚えていないことですね。
そこで、両軍の武将が誰であったのかの覚え方(語呂あわせ)を作ってみました。この戦いはこの後の武将たちの運命を決めて行き、豊臣家と大阪の陣、江戸時代に繋がって行きます。
ここでは、この『関ケ原の戦いの本戦』で、東軍(徳川家康側)に参戦したのは誰で、西軍は誰なのかとその覚え方とその意義を簡単にご説明します。

「『関ケ原の戦い』の覚え方(語呂合わせ)の決定版はこれだ!」の続きを読む…

豊臣秀吉の『朝鮮出兵』は日本と世界の歴史をどう変えたのか?

豊臣秀吉の戦国時代初の海外遠征となる『朝鮮出兵(文禄・慶長の役)』はどんな目的で実行され、また、その結果はどうだったのでしょうか?
秀吉は天下統一を果たし、戦国時代を終わらせましたが、この戦争によって豊臣政権の行く末はどんな風に変って行ったでしょうか?

この秀吉の”海外遠征”が歴史に与えた影響を徹底的に明らかにして行きます。

「豊臣秀吉の『朝鮮出兵』は日本と世界の歴史をどう変えたのか?」の続きを読む…

石田三成『七将襲撃事件』とはどんな事件?黒幕は一体誰なの?

豊臣秀吉死去の翌年慶長4年(1599年)3月3日、盟友前田利家も亡くなり、利家の抑えがなくなったことを受けて、予て蔚山城(ウルサンじょう)の攻防の戦況報告を巡る確執で三成を恨んでいた七将が暴発し、三成襲撃を実行します。
事前に大坂城の秀頼側近から七将襲撃の通報を受けていた三成は翌日3月4日に伏見城内の自分の屋敷へ逃げ込み、その仲裁に入った徳川家康によって三成の失脚が決まって領国の佐和山城へ戻って蟄居することなり、これ以降、家康が豊臣政権の筆頭大老として事実上政権を握った、”歴史的大事件”でした。

この事件の顛末から、徳川家康の天下取り戦略を明らかにして行きます。

「石田三成『七将襲撃事件』とはどんな事件?黒幕は一体誰なの?」の続きを読む…