江戸開城後、西郷隆盛は会津の為に『戊辰戦争』継続!ホント?

スポンサーリンク



すべてに寛容なイメージの大人物西郷隆盛が、なぜ『戊辰戦争』では会津を救わなかったのかの理由を明確にします。

 

尊皇(そんのう)』と言いながら、なぜ孝明天皇に尽くしていた『会津藩』が”朝敵”となったかを考えます。

 

奥羽鎮撫総督府の下参謀世良修蔵(せら しゅうぞう)はなぜ殺されたのかを明らかにします。

「江戸開城後、西郷隆盛は会津の為に『戊辰戦争』継続!ホント?」の続きを読む…

西郷隆盛が、なぜか寛大だった戊辰戦争『庄内藩処分』の謎?

幕命とは言え、『江戸薩摩藩邸焼き打ち』を実行した荘内(庄内)藩に対して、征討軍総司令官である西郷隆盛の処置はなぜ寛大だったのかがわかります。

 

新政府初代兵部大輔(国防大臣)であった長州の大村益次郎は、なぜ暗殺されたのかを明らかにします。

 

なぜ、東北の荘内(庄内)酒田に西郷隆盛を顕彰する『南洲神社』がなぜあるのかがわかります。

「西郷隆盛が、なぜか寛大だった戊辰戦争『庄内藩処分』の謎?」の続きを読む…

西郷隆盛が倒幕へ方針転換し『戊辰戦争』を起こしたのは、ナゼ?

将軍家に正室”篤姫(天璋院)”まで出して政権を支えようとした薩摩藩が、徳川幕府の『討幕』の主人公になって行く理由を明らかにします。

 

西郷が『戊辰戦争』につながる『討幕』を決意した”時期と理由”が明白になります。

 

坂本龍馬暗殺、西郷隆盛早とちり説』と言う『坂本龍馬暗殺』の異説の可能性を提示します。

「西郷隆盛が倒幕へ方針転換し『戊辰戦争』を起こしたのは、ナゼ?」の続きを読む…

幕末

西郷隆盛は、二度も『島流し』にされたのに復活した!何故か?

明治の元勲西郷隆盛の2度にわたる『島流し』の真相を明らかにします。

 

斉彬公亡き後の薩摩の実権者島津久光公西郷隆盛の不和の原因を探ります。

 

西郷隆盛の”島暮らし”の様子を見てみましょう。

「西郷隆盛は、二度も『島流し』にされたのに復活した!何故か?」の続きを読む…

幕末

幕臣勝海舟は、なぜ薩摩の西郷隆盛を高く買っていたのか?

西郷隆盛勝海舟がお互いどう思っていたのかを明らかにします。

 

西郷隆盛勝海舟の大きな違いはどこかが分かります。

 

坂本龍馬暗殺事件西郷隆盛勝海舟はどう関わっていたのかを考えてみます。

「幕臣勝海舟は、なぜ薩摩の西郷隆盛を高く買っていたのか?」の続きを読む…

明治の元勲『西郷隆盛』!なぜか写真が存在しない!ホント?

日本史上の超有名人・幕末維新の英雄『西郷隆盛』の真影写真が見つかっていない事実に迫ります。

これはホンモノではないかと思われるものを探し出しました

しかし、ホンモノはだいぶ上野の西郷さんと違うみたいです。

「明治の元勲『西郷隆盛』!なぜか写真が存在しない!ホント?」の続きを読む…

徳川幕府が崩壊!『天皇』は”いつから東京へ”移ったの?

明治天皇が”東京へ移ったのはいったいいつの事だったのか?”をはっきりさせます。

『東京遷都(せんと)』の真相が”目からウロコ”でよくわかります。

新政府首脳陣の巧みな『遷都計画』を明らかにします。

「徳川幕府が崩壊!『天皇』は”いつから東京へ”移ったの?」の続きを読む…

幕臣 勝海舟は、幕末の巨星 坂本龍馬をどのように作った?

明治維新』に至る大きな山場である『江戸城無血開城』を、官軍の猛将西郷隆盛(さいごう たかもり)を相手にやってのけたことで有名な幕臣勝海舟(かつ かいしゅう)は、幕末の巨星 坂本龍馬の師匠でもあり同志でもありました。

勝と龍馬の出会いから、ふたりで海軍を作って行き、大樹である徳川幕府の終焉を演出して行った様子を解説します。

”討幕勢力”との政治的な駆け引きを龍馬が進める中、勝は一体なにをしていたのかを確認しましょう。

密かに言われている『龍馬暗殺の勝海舟黒幕説』も明らかにします。

「幕臣 勝海舟は、幕末の巨星 坂本龍馬をどのように作った?」の続きを読む…

幕末